2019年5月4日土曜日

看護師転職サイトは使わない方がいい?看護師転職サイト利用のメリット・デメリット


看護師転職サイトは使わない方がいい?看護師求人サイト利用のメリット・デメリット

看護師の転職を検討しますと、少々悩んでしまう事があります。特に転職が未経験の方々は、その傾向が顕著です。
転職をすれば、必ずしも採用されるとは限りません。不採用になる事を想像しますと、やや不安になってしまう事もあるでしょう。
また仕事探しの不安感もあります。具体的にどうやって看護師の仕事を探せば良いか、悩んでいる方々も多いのです。

もしも悩んでしまった時には、他の看護師の経験談を調べてみると良いでしょう。それで気持ちが楽になる事は、多々あります。
幸いにも最近では、WEB上で様々な経験談を確認できます。看護師の転職で成功した方が、経験談を投稿してくれている事もあるのです。
しかもその投稿件数は、とても多いのです。

おすすめの看護師転職の口コミ体験談が600人以上読める

例えば人間関係の悩みで、転職をしたという投稿内容です。実際に経験談を調べると分かりますが、そのような投稿は大変多いのです。それを知るだけで、気持ちが楽になる事も多々あります。

人間関係に関する投稿が多い以上、多数の看護師がその悩みを抱えている訳です。ですから経験談を読むと、「悩んでいたのは私だけではなかった」と気が付けるのです。それだけで、随分と気持ちが楽になる傾向があります。

また経験談には、仕事探しの手段が書かれている事も多いです。具体的にどういう方法で仕事を見つけたかも、かなり詳細に書かれています。
このように転職の経験談から学べる事は、大変多いのです。悩みがある時には、色々な方々の経験談に目を通してみると良いでしょう。

また看護師転職サイトを利用するメリット、デメリットがあります。

メリットは大手なら全国対応の看護師求人募集情報が豊富であること、非公開求人など条件の良いナース求人があること、そして履歴書、志望動機、自己PR、面接などのアドバイスが受けれられ、退職手続き、入職後の相談までできることが挙げられます。

逆にデメリットとしては、担当のコンサルタント(キャリアアドバイザー)によるサポートが面倒になる可能性とお祝い金を売りにしている看護師求人サイトの中に希望しない看護師求人募集を勧めてくるところがあることです。

看護師求人サイトを利用するときは、自分の意思をしっかり持つことを心掛けましょう。



すぐに入職可能な看護師求人の探し方とは


すぐに入職可能な看護師求人の探し方

現在働いている医療機関の看護師の仕事を辞めて転職するときには、できるだけ早く新しい勤務先を見つけることが重要です。
転職までに空白期間が生じると収入が途絶えるデメリットもあり、看護師としてのスキルも次第に低下するからです。
そのようなときには看護師求人サイトで、すぐに入職可能な採用情報に注目する方法があります。

日勤限定ですぐに働ける仕事を見つけるのは難しい場合が多いので、夜勤シフトのある求人も含めて幅広く情報を集めるべきです。
また病棟のある医療機関の仕事を選ぶときには、1か月当たりの夜勤の回数にも注目したいものです。
月間の夜勤の回数が4回程度で深夜も十分なスタッフがいる病院であれば、転職先でも快適な労働環境の下で働けます。

そして二交代制と三交代制のシフトがあるので、それぞれの長所と短所を比較しながら、働きやすい看護師の求人を選ぶべきです。
一般的には二交代制の病院のほうが月間の夜勤の回数が少ないので、特に子育て中の人たちが積極的に選んでいます。
しかし三交代制の場合には1回当たりの勤務時間が短いので、夜勤明けの時の疲労が小さいというメリットもあります。

一方で短時間勤務で高収入を目指したいときには、夜勤専従の仕事を選ぶのがポイントです。
1回当たりの収入が3万円以上であり、週2回程度でも働ける職場が多いからです。
とりわけ夜勤専従の仕事は、両親が高齢で介護が必要な人たちが積極的に応募しています。

仕事を探すときに看護師求人サイトで十分に相談すると、夜勤があっても体力的な負担が小さい医療機関の人材募集を紹介してもらえます。

20代看護師は転職するのに有利か、不利か


20代看護師は転職するのに有利か、不利か

看護学校を卒業して病院へ就職したけど、様々な理由から転職や退職をしてしまう20代の看護師が多くいます。20代で転職するのは有利に進むように見えますが、経験を積んだ30代に比べると転職は少し不利にも見えます。どちらの方が良いのでしょうか。

【20代看護師での転職が有利なのか】
結論から申しますと「20代看護師での転職の方が有利」です。現在の法律では、求人募集に希望年齢を書くことはできませんが、多くの病院やクリニックでは、若い看護師の方が採用をしやすい傾向にあります。

ただ若いから採用したいという理由だけではなく、一つに「夜勤勤務」が理由にあげられます。看護師の仕事というのは過酷で、特に夜勤勤務は大変です。20代の頃はできた夜勤勤務も、30代、40代になってくると耐えられなくなってきます。そのため、夜勤勤務や激務をこなしていける20代の若いパワーが、病院やクリニックにとっては重要な戦力なのです。

【20代看護師の浅い経験で転職できるのか】
20代看護師だからといって、誰でも簡単に転職できると言うわけではありません。20代看護師でも「臨床経験があるか、ないか」で大きく転職の有利さが変わってきます。前職で3年以上の臨床経験を持っている人は、転職を有利に進めることができます。なので、臨床経験が1年未満の新人看護師は、転職の不利を覚悟しておいた方が良さそうです。

【まとめ】
20代看護師の転職について書いてきましたが、20代看護師が転職有利だからといって、転職を繰り返すようなら「かなり不利」になってきます。一つ一つに退職の理由が、明確であればいいかもしれませんが、面接する側はいい印象を受けません。なので、20代で転職するなら「1回退職して、2回目です」程度にしておきましょう。


看護師不足で子育て後のブランクありの人でも勤務可能な看護師求人は多い

看護師不足で子育て後のブランクありの人でも勤務可能な看護師求人は多い


現在は少子高齢化の影響で労働人口が減少しているのに伴って、看護師も不足しています。

しかしながら今後高齢者が増えるのは確実で医療機関にかかる人も増えるということから、今後さらに看護師が必要であるにも関わらずどの医療機関でも不足すると予想されています。

看護師というと以前は24時間体制の医療機関でシフト勤務をするのが一般的でしたが、近年はそのような医療機関に加えて介護事業所や訪問看護など看護師の活躍できる場は増えていることから、たとえ短時間でも勤務できれば採用するというところも増えています。

例えば小さい子どものいる人であれば子どもが保育園や学校に行っている日中の2時間から3時間程度だけ勤務することができたり、訪問介護であれば1日1軒のみ1時間でも仕事ができたら採用されるような状況になっています。

現在洗剤看護師といわれる資格を所有しながら実際に勤務していない人はとても多く、その理由で最も多いのが子どもがいて働けないということなのですが、そのような状況を理解して子どもが急病になった時は休めるようにしたり子どもの行事を優先できるように勤務ができるところも多いです。

さらに大きな病院では病院に併設された託児所があり、24時間預けることが可能であったり病気でも預けられる病児保育を行っているところもあります。そのようなところは働くにあたって保育施設を探す必要がなく、すぐに就職することが可能となっているのです。

看護師の仕事を辛抱してやり続けることの重要性


看護師の仕事を辛抱してやり続けることの重要性

どんな仕事にも該当することですが、職業への適性を考える前にまず何年か辛抱してやり続けることが大事です。この考え方は、もちろん看護師にも当てはまります。

たとえば人と接するのが得意ではない、すぐに舞い上がってしまう、手先がそれほど器用なわけではないなどの自覚があったら、看護師への適性に疑問符がつきます。それらが自らの短所だと自覚しているのであれば、看護師の仕事に適性がないのではないかと不安に思うのも無理はありません。

ですが人は仕事をしていくうちに慣れたり学習したりしますので、たとえ本質的に看護師に向いていなかったとしても、看護師の仕事が絶対にこなせないわけではないです。看護師としてのノウハウを覚えながら少しずつ成長していけば、3年も過ぎた頃には「看護師として何とか一通りの仕事は満足にできるようになった」と自信を持てることがあります。

そのぐらい頑張り続けてもまだ新人の頃とほとんど変わっていない、その場合は看護師としてそのまま仕事を続けるのかどうかを考えたほうがいいのかもしれません。ですがそこまで長く働いていないにもかかわらず早い段階で看護師の仕事を諦めてしまうのは、いささかもったいない決断です。

今は人手不足ですから即戦力を求められる時代ですので、看護師を取り巻く環境も余裕がなくなってきています。ただ働いてすぐに向き不向きの適性を判断するのではなく、しばらく辛抱して働いてみてから判断しても決して遅くはないのです。

看護師の転職の時の心構えとは



看護師の転職の時の心構えとは

看護師が転職を考えている際の心構えとして重要なことは「なぜ転職するのか」を明確にすることです。目標や目的を明確にすることで、転職先を選定しやすくなり、長く継続勤務しやすくなります。

【看護師が転職する時の心構え】
働くということは生活していく上で、とても重要なことです。なので、転職しようと考えている人は、慎重に転職を行わなければいけません。

まず第一に「本当にその転職は必要なのか」どうかを、冷静になって、考えている必要があります。例えば、転職したい理由が「上司が嫌いだから」とか「他の病院の方が良さそう」という理由で、転職しようと思っているなら、やめた方が良いでしょう。なぜなら、「それはどこの職場へ行っても同じ」だからです。どんな職場でも、たくさんの人が働いているため、その全員と自分とウマが合うとは限りません。転職してから前の職場の方が良かったと後悔しても遅いので、冷静になって考える必要があります。

もう一つあげるとするなら「転職する目的が明確か」ということです。先程も説明した通り、なんとなく転職したいという理由は、理由になりません。「転職先でなにかについて頑張りたい」や「勤務時間を変えたい」というしっかりとした明確な理由が必要です。転職先の面談でも、当然前職を辞めた理由や当院を選んだ理由などを聞かれます。どちらかというと「当院を選んだ理由」より「辞めた理由」の方が、重視されている傾向があるので、しっかりとした明確な転職理由を持っておきましょう。

【まとめ】
他にも看護師が転職する時の心構えとして「同僚の口コミを信じすぎない」ことが大事になってきます。転職するのは、自分自身なので、同僚の口コミも頭の片隅にでも置いていて、自分の目標や目的に合った転職先を探すことが重要です。

看護師はストレスの多い仕事

看護師はストレスの多い仕事
看護師のストレスというのは尋常ならざるものであることが多く、大変な仕事だということはよく知られているのは間違いないのですが、その上でうまく仕事とプライベートを分けて生活をするということがとても大事になります。
看護師の仕事の辛いところはどこですかというアンケートやデータなどを見ますと間違いなく残業とかが上にきます。
つまりは残業が多いというような仕事であることになりますのでその点を確保して就かなければならない、ということになります。
あまりにも残業が多くて辛いというのであれば転職も検討してみる余地はあります。どの職場にも言えることですがその職場に拘泥する必要性があるのかというのは大抵の場合そんなことはないです。
特に看護師というのは全国的に不足していることでもありますので次の仕事を見つけるのが極めて容易と言っても過言ではなく、今の職場に何かしらの不満がありそれを解消することができないという場合においては転職をしてしまうというのも問題のない行為と言えるでしょう。
ストレスがない仕事というのは存在しないわけですからある程度は我慢しなければならないことは間違いないのですが過度に我慢して自分の人生を壊してしまうようなことがないように、しっかりと自分が満足する形で看護師として働けるところを選ぶというのが基本的なお勧めできるやり方になります。
看護師に限らず仕事にストレスは付き物ですが、転職と言う手段があることは覚えておきましょう。

看護師転職サイトは使わない方がいい?看護師転職サイト利用のメリット・デメリット

看護師転職サイトは使わない方がいい?看護師求人サイト利用のメリット・デメリット 看護師の転職を検討しますと、少々悩んでしまう事があります。特に転職が未経験の方々は、その傾向が顕著です。 転職をすれば、必ずしも採用されるとは限りません。不採用になる事...